【PS4の回線が夜だけ遅い!】もしかしたら、ハブが原因かも?

雑記

最近、夜になるとPS4の回線が重たいなと思っていたある日

ふと、接続診断をしてみると以下のような結果に。

通信速度

ダウンロード 57.3Mbps
アップロード  5.2Mbps

夜21時頃とはいえ、アップロードが一桁

ちなみにやっていたゲームはこちらのオンライン対戦でした。

普段はダウンロード・アップロード共に80Mbps前後。

夜だったので、回線が混み合う時間帯とはいえ、これはまずい!と慌てて色々と対策を練ることに。

結果的に、ハブを取り外したら一気に数値が回復しました

この記事では「回線が重たい原因はハブにあるかもしれない」ということについて、実体験を踏まえまとめてみました。

スポンサーリンク

ハブが古いと遅くなる?

使用していたハブ

我が家で使用していたのはこちらのスイッチハブ。

BUFFALO LSW-TX-5NS

2008年5月発売

通信速度 100BASE-TX

10年以上前に発売されていたものを使用しており、これが通信速度が回線が早くならない原因でした。

ハブの通信速度について

スイッチングハブの通信速度は「100BASE-TX」と「1000BASE-T」の2種類があります。

前者が以前の、後者が今の主流のタイプのもの。我が家は前者の「100BASE-TX」でした。

100BASE-TX」は最高100Mbps、「1000BASE-T」は最高1000Mbps(1Gbps)での通信が可能です。

★「1000BASE-T」タイプのハブの一例。

ハブを外してみた

使用状況的に、あえてハブを使う必要もなかったので、とりあえず外してみることに。

すると、回線速度が劇的に上昇しました。

通信速度

ダウンロード 224.2Mbps
アップロード 136.9Mbps

ハブの上限100Mbpsがなくなっただけで、どちらも急激にアップ。

普段の80前後という数値すらも、ハブのせいで遅くなってしまっていたことを知りました。

もし回線が遅かったらハブの確認も

今回、PS4の回線が異常に遅くなったことにより、下記のことを確認しました。

確認したりやってみたこと
  • LANケーブルの確認
  • ルータの確認
  • モデムの確認・再起動
  • PS4の再起動
  • 通信契約プランの確認

しかし、いずれをやっても結果は変わらず

ふと、スイッチハブを使用しているものの、ケーブルを1本しか差していなかったことから、今はあえて使う必要がないということに気付き、外した事で速度が改善しました。

その後、ハブが古いと上限が100Mbpsになっていること、自宅で使用している製品の発売日や対応通信速度を調べ「原因はハブにあったのかもしれない」という結論に。

まとめ

今回、ダウンロード値に比べアップロードだけが異常に低かったので、ハブ以外の原因の可能性もあります。

しかし、通信契約プランの内容にも関わらず、速度が100Mbps以上にならない原因ではありましたので、気付けて良かったとは思います。

もし、回線が遅いなと感じたら、ハブの確認もしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました