ベビーバス『ラッコハグ(Lucco Hug)』口コミ|実際に使ってみた感想

子育て

ワンオペお風呂の頼もしい味方!とSNSでも話題の『ラッコハグ(Lucco Hug)

この記事では、ラッコハグを実際に使ってみた感想や、SNSの口コミをまとめました。

スポンサーリンク

ラッコハグ使ってみた

新生児期から生後4か月を過ぎるまで使用しました。

首すわり前は頭を支えながらお風呂に入れるのが大変だったので、背もたれとストッパーがあるのは助かった!

新生児期は流石に手の支えがないと不安ですが、生後1ヵ月から首がしっかりするまでの間は手を放しても安定するので、すごく楽でした。両手使ってお風呂に入れられるって、良い

それから、ワンオペでのお風呂。

一緒に入る時、自分が洗っている間や、体を拭いている間は、赤ちゃんには待っていてもらわないといけない。

ラッコハグは、首座り前から使えるママ待ちサポートタブ設計なので、安心して自分のことができます。

赤ちゃんは泣かない?

Peopleの「泣かないイスHugシリーズ

ママの抱っこを追求した形状をしており、赤ちゃんが安心して泣かない、というもの。

テディハグと同じく、ラッコハグもこの「泣かない」シリーズの1つです。

さて「本当に泣かないのか?」というのが気になるところですが、我が家の場合はお風呂が好きな子で、普段から泣くことがほぼなかった為、確かめることが出来ませんでした。

ですが、リラックスして爆睡していることも多かったので「ママのHug」設計はやはり安心感があるのかもしれません

難点

冒頭にも書いたように、使用期間は約4か月。2歳まで使えるはずの商品がなぜ?

その理由は、穴が開いて使えなくなったから

しかも、1度交換してもらっていて、2つ目なのに、です。

1度目に穴が開いたのは生後2ヵ月の時。メーカーさんの対応がとても親切で、商品交換して頂けました。

しかし、その交換して頂いた品も2ヵ月後再び穴が開き使用不可に

2回とも、外側のライン上部の線に沿って穴あき。

うちの子は、足の動きがとってもパワフルでかなり蹴り飛ばしていたし、それこそ蹴って仰け反って、頭から落ちそうな勢いだったのでそれが原因だろうか。

とはいえ、お値段もそこそこするので、これはショックでした。

2代目も使えなくなってしまった中、うちとは相性が悪かったのかもしれない、と空気で膨らませないタイプのものに乗り換えた為、結局生後4か月までの使用で終わってしまいました。

元気に暴れたり、仰け反ったりする子だと、ダメージ入りやすいのかも。

口コミは

Twitter上での口コミを探してみました。

やはり「泣かないイス」だけあって、どこの赤ちゃんも安心感からか楽しそうな写真がたくさんアップされている印象。

まとめ

◆ベビーバス『ラッコハグ(Lucco Hug)』の口コミ・感想
・赤ちゃんが安心感からご機嫌
・首すわり前から手を放して入れられる
・ワンオペお風呂がかなり楽に
・元気な子だと、壊れるのが早いかも

1人座りができない時期のワンオペお風呂ではかなり助かる神アイテム

我が家の場合は、相性が悪く短期間の使用となってしまいましたが、首すわり前はかなり助かったので「買ってよかった」と感じています。

ラッコハグ、気になる方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました