キリンビールから日本初の《糖質ゼロビール》発売!美味しい?まずい?実際に飲んでみた!

生活
スポンサーリンク

日本”初”の糖質ゼロビール

発砲酒やチューハイなどでよく目にする「糖質ゼロ」商品。

2020年、キリンビールより、日本初の”糖質ゼロ”生ビールが発売されました。

青く輝く缶がその商品。

このデザイン、個人的にかなり好き。なんかカッコイイ。そして美味しそう。

ノーマルの一番搾りと並べてみた。

基本的なデザインは同じですが、ところどころ糖質ゼロverになっていました。

キリンビールは「美味しさ」と「糖質ゼロ」の両立をするため、5年もの歳月をかけてこの商品を開発したそうです。

商品特徴

◆販売形態
 350ml缶/500ml缶

◆アルコール分
 4%

◆原材料
 麦芽、ホップ、糖類

通常のキリン一番搾りがアルコール5%なのに対しこちらは4%とやや控えめです。

グラスに注いでみると・・・

見た感じや香りはビールと変わらない!

泡もしっかり立って期待をそそります。

気になるお味は?

おおっ!意外とビールの味がする!

ただ、やはりどこかサッパリとしており、どこか物足りなさも。

普段からビールをあまり飲まない人、飲みなれていない人であれば気にならないのかなと思います。

ただ、こちらの糖質ゼロビール、お値段もしっかりビール価格で350mlでも1本200円程度。

個人の感想ではあるけれど、正直、物凄く「ビール感」が強いかと言われれば、そうでもない

値段のこともあり「別にこれじゃなくてもいいかも」というのが素直な感想でした。

特別感を味わいたいとき、普段から糖質ゼロシリーズを愛飲している父母へのプレゼントなどの場面には良さそう。

ぶっちゃけ、新ジャンルや発泡酒で発売済みの糖質ゼロシリーズの方が勝っているかな・・。

まとめ

・日本初の糖質ゼロビール
・アルコール度数は通常の一番搾りより低めの4%
・味はしっかりビール!ただしややサッパリ目
・お値段も加味すると、これじゃなくても良いかな感はある
・特別な日、糖質ゼロ酒を飲む家族へのプレゼントに◎

生活
スポンサーリンク
ゆまろをフォローする
ゆまぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました