マックのごはんバーガーはまずい?元マック店員が全種食べ比べた正直な感想│モス・ライスバーガーとの食べ比べも

雑記

こんにちは!学生時代の数年間、マックでアルバイトしていたゆまろです(; ・`д・´)

そんなマクドナルドから、17時から限定で「ごはんバーガー」が発売されたのだとか。

ごはんバーガーといえば

モスのイメージが強いな~

なんていったって

世界で初めて

ライスバーガーを

発売した企業だからね!

私がバイトしていた頃にはなかった、ごはんバーガー。

評判が気になり、試しに検索してみると・・・。

ごはんバーガー まずい

ええ~

これは逆に

気になるかも・・

と、いうわけで! 

興味が沸いた私は、食べ比べと称して「ごはんバーガー選手権」を開催することに(・´з`・)

ごはんバーガー選手権 参加者紹介
ごはんてりやき(マクドナルド)

ごはんチキンにんにく黒胡椒(マクドナルド)

ごはん海老旨辛仕立て(マクドナルド)

モスライスバーガー焼肉(モスバーガー)

モスライスバーガー海鮮かきあげ 塩だれ(モスバーガー)

マクドナルドのごはんバーガーと、モスバーガーのライスバーガー、全5種類を食べ比べ。

栄えある1位に輝くのはどのバーガーなのか・・・!?

スポンサーリンク

ごはんバーガー感想

マクドナルド編

ごはんてりやき (390円)

評価

【食べやすさ】★☆☆☆☆
【  味  】★★☆☆☆
【 完成度 】★☆☆☆☆

見ての通り、てりやきマックバーガーのごはん版。

中身はてりやきマックバーガーと全く同じです。

専用の包み紙もなく、てりやきマックバーガーと同じもの。

具材やソースの物理的主張が強く、正直かなり食べにくい!

気になるお味は・・・

微妙!!!!

だって中身はてりやきマックバーガー。

どうしてもあの「いつもの味」が頭によぎり「ごはんじゃなくてもいいんだよな~」感が否めない。

てりやきマックバーガーは

フランス人のシェフが

日本人の好みに合わせて

作ったんだって!

そもそも、てりやきマックバーガーは1989年に発売したロングセラー商品なわけで。

「既に完成しているものに手を加えた結果、微妙になった。」という印象でした。

総評

てりやきマックバーガーで良いよね

ごはんチキンにんにく黒胡椒 (410円)

評価

【食べやすさ】★★☆☆☆
【  味  】★★★★☆
【 完成度 】★★☆☆☆

挟まれているチキンは「チキンフィレオ」「シャカシャカチキン」と同じ!

ソースがない分、ごはんてりやきよりは食べやすい。

が!しかし。

やっぱり具材やソースが飛び出しているので、上手に食べるにはコツが要りそう。

味は、黒胡椒ソースの味がかなり強い!

胡椒辛い、といってもいいくらい濃いです。

少し前に再販していた「マックポーク」のソースの味に近いような気も。

濃い味付けが好きな人ならハマりそうだけど、そうじゃない人にはハマらないかな。

ソースの味の濃さが

全体のバランスを

崩してるかも。

ソースの味がかなり強いので、素材やライスの本来の味わいを感じづらく、全体的なバランスで考えるとイマイチ。

ただ、個人的に、チキン系のバーガーや濃い味付けが好きなので、リピートしてもいいかも!と感じました。

総評

濃い味が好きならハマる

ごはん海老旨辛仕立て (440円)

評価

【食べやすさ】★★★★☆
【  味  】★★★★☆
【 完成度 】★★★★☆

こちらの商品も、エビカツ部分はエビフィレオと同じという「中身の具材は普段からあるもの」なパターン。

使われている旨辛ソースは

「スパチキ」や

「スパビー」と

同じものなんだって♪

他の2種類に比べ、具材の飛び出しが少ないので、かなり食べやすかったです。

味付けも、ごはんチキンほど濃すぎず、ピリリと辛いソースが絶妙にマッチしていて美味しい。

ちなみに私は

辛いもの好き。

このソースが

苦手な人もいるかも。

ごはん海老旨辛仕立ては、全体のバランスが、マクドナルドのごはんバーガーの中で最もちょうどよい印象でした。

「スパチキ」「スパビー」の味付けが好きで、なおかつ「エビフィレオ」も好きな人なら、ごはん海老はドストライクなのでは!?

辛いものが苦手で食べれるか心配!という人は、200円で買える「スパチキ」や「スパビー」でソースの味を確かめてみるのも良いかも。

総評

全体の味付けのバランスや食べやすさのはピカイチ

モスバーガー編

モスライスバーガー焼肉 (420円)

評価

【食べやすさ】★★★☆☆
【  味  】★★★★★
【 完成度 】★★★★★

想像してみてください。

食卓に並んだ、焼肉と白米を。

そう!

「ごはん×焼肉」の組み合わせがまずいワケがない!!!

食べてる途中、お肉が引っ張られて出てきちゃうので、食べにくさはマクドナルドと変わらず。

ただ、具材をごはんでしっかり包み込む形で形成されているので、若干食べやすい・・・気がした。

モスバーガーが世界で初めてライスバーガーを発売したのが1987年。

1990年には「やきにくライスバーガー」を発売し、2012年までの22年間愛されてきました。

そして、数年間をおき、2016年に食べやすさなどを改良して復活!

それが今回食べた「モスライスバーガー焼肉」なのです。

さすが、モスバーガー。

思わず拍手したくなるような完成度でした。

総評

「焼肉×米」の組み合わせがまずいわけなかった

モスライスバーガー海鮮かきあげ 塩だれ (370円)

評価

【食べやすさ】★★★★★
【  味  】★★★☆☆
【 完成度 】★★★☆☆

食べやすさ最高評価!!

1番綺麗に食べれたごはん、もといライスバーガー。

デートで注文するなら間違いなくコレ。

味付けも濃すぎず薄すぎず、ちょうど良い感じ!

「ごはん×かき揚げ」の組み合わせも、絶対的安心感ありますよね。

ただ、個人的にかき揚げがあまり好きじゃないので、評価はやや低め。

完全に個人的な

好みの評価・・・!

思い返してみれば、今回食べたライスバーガー5種類の中で、1番罪悪感なく食べれる味付けな気がする。

総評

デート中・ダイエット中に頼むなら間違いなくコレ

食べ比べてみて

マクドナルド
・全体的に味が濃い
・人を選ぶ味付け
・ごはんにもソースべったり
・ごはんの厚み薄め
・既存のバーガーのアイディア使い回し

マクドナルドはどの商品も味が濃く、ピリ辛かったり、胡椒辛かったりと人を選ぶ商品だなという印象でした。

また、どのバーガーも「既に商品としてあるもの」が使い回されており、ライスバーガー自体もモスの後出しであることから、新鮮さがなかった。

ごはん部分はモスよりも薄くて、ソースが直でべったり付着。

そのせいで、ごはん部分の味わいがわからなくなってしまったので、せっかくのライスバーガーの良さをダメにしてしまっていると私は感じました。

モスバーガー
・誰でも食べれる、程よい味付け
・ごはん部分に味付けの影響がない
・ごはん部分は厚め
・ライスバーガー専用の味付け
・具材だけでも食卓に並ぶものをチョイス

モスはどれも「程よい味付け」なのが印象的。

濃い味がだめでも、辛いのがだめでも「誰でも食べれる味付け」という風に感じました。

ごはん部分はマクドナルドに比べて、厚みがあり食べ応えあり。

さらに、野菜がしっかり壁になってくれているので、ごはんのそのままの味が楽しめるような配慮も嬉しかった。

それに、野菜かきあげ・焼肉バーガーは通常の商品にはなくて、ライスバーガー専用のものだから「いつも通りの味付け、バンズでいいよね」という気持ちを感じずに済む。

「中身の具材だけでも食卓に並ぶもの」がチョイスされていることで、注文する前から「この組み合わせなら美味しいだろうな」という安心感がありました。

実は値段は同じくらい

モスバーガーって、なんとなくマクドナルドに比べて高いイメージありませんか?

実は、ごはんバーガーに関してはこの2社に大きな差はないんですよ。

値段順に見たごはんバーガー
・モスライスバーガー海鮮かきあげ 塩だれ (370円)

・マクドナルド・ごはんてりやき(390円)

・マクドナルド・ごはんチキンにんにく黒胡椒 (410円)

・モスライスバーガー焼肉(420円)

・ごはん海老旨辛仕立て (440円)

1番安いものと1番高いものを比べても、差額は70円

並べてみると、5つのバーガーに値段差はそこまでないことがわかります。

1番安いのが

モスなのは意外!

結果発表

はい、断トツ1位。

やっぱりモスバーガーの「モスライスバーガー焼肉」これしかない!

確かに、食べにくさはあったけど、完成度が他バーガーに比べて、突き抜けていました。

何度も言うように「焼肉×米」の組み合わせがまずいハズがない。

続けて2位と3位。

2位はマクドナルドより「ごはん海老旨辛仕立て」がランクイン!

バーガー全体のバランスの良く、完成度が高かったことからこの順位に。

ごはんチキンにんにく黒胡椒」は個人的好みの影響も多大に受けつつ、チキンと黒胡椒のパンチの効いた味付けが良かった為、3位という結果になりました。

4位の「モスライスバーガー海鮮かきあげ(塩だれ)」は完成度が非常に高かったので、順位付けにとても悩みました。

しかし、個人的にかき揚げはそんなに好きじゃないという理由からこの評価に。

かき揚げが好き、濃すぎない味わい、バランスの取れた味わいが好き!という方なら、もっと上位の評価になったことでしょう。

そして残念ながら、最下位となってしまったのはマクドナルドの「ごはんてりやき」です。

どうしても「てりやきマックバーガーで良いよね」という気持ちが拭えず、味付けが同じなので新鮮さもない。

さらに食べにくい!といったマイナスの理由が多かったことから、5位という位置づけになりました。

普段からてりやきマックバーガーをおかずに白米を食べている人なら、きっと文句なしの1位だったことは想像に難くありません。

モスが強すぎた

世界で初めてライスバーガーを発売し、今日まで長く愛されているモスバーガー。

モスのライスバーガーに慣れてしまっている人達が「マクドナルドのごはんバーガーはまずい!」という感想を抱くのも納得です。

食べ比べてみたことで、モスライスバーガーの調和がとれた味わいに、改めて驚かされる結果となりました。

マクドナルドは「試しに1回食べてみたい」「何回かなら食べたい」だけど、モスバーガーは「定期的に食べたくなる」「最終的にはここにいきつく」みたいなところがあるように思います。

結論

付き合うならマクドナルド、結婚するならモスバーガー

以上、元マック店員が独断と好みで選ぶ「ごはんバーガー選手権」でした!

補足

2021年10月27日(水)より「ごはん辛ダブチ」が新登場!

同時に「ごはんてりやき」は販売終了となりましたので、買いに行くつもりの人はお気をつけください!

ごはんバーガーは

17時からの

「夜マック」限定だよ!

雑記
スポンサーリンク
ゆまろをフォローする
ゆまろハウス

コメント

  1. […] マクドナルドvsモス!元マック店員が【ごはんバーガー選手権】開催!ごはんバーガーはまずい?!全種食べ比べた正直な感想 […]

タイトルとURLをコピーしました