【ネタバレ・感想】舞台 『PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice 2』

趣味

この記事では、舞台『PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice』1および2、またアニメPSYCHO-PASSのネタバレを多く含みます。

ネタバレを読みたくない方はご注意ください。

本記事は、色相が濁った潜在犯が書いております。この記事を読み、サイコパス数値が悪くなっても責任が取れませんのでご了承ください。

スポンサーリンク

一言で言うなら

一言で感想を言うなら地獄

VV1を観た方ならわかると思うけど「今回も」です。

いや、そりゃあさ、キャッキャウフフな世界線は予想してなかったよ、もちろん。

幸せな三係も見たいけどさぁ!時系列的に違うよね、ってのは予想してたさ、でもね、こんな地獄をまた見せられるとは思わないじゃん・・・・。

VVシリーズに足を踏み入れた経緯

私は、アニメPSYCHO-PASSシリーズは全て視聴済み。

友人の推しが出るということで『PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice』の大阪公演に誘われ、現地に観に行ったのが舞台VVシリーズの始まり。

VV1ではメインキャラ全員死亡、キャラブロマイドが遺影となってしまうというまさかの事態、想像以上の闇の深さ、想定以上の”PSYCHO-PASS”の世界観に驚き、引き込まれ、ハマったものです。

そんな完成度の高かった舞台の2ということで、かなり楽しみにしていました。

個人的にはアニメの宜野座さん声優、野島健児さんの実の息子さんが、アンサンブルで出演されるのもアツかった!

今回はコロナウイルスの影響もあり、現地は諦めていたのですが、配信することが発表されたので嬉しかった。初回公演をリアタイ視聴しました。

正直、想像はしてた

VV2は、VV1に至るまでの前日譚。

VV1にいなかったキャラはまぁ”そういうこと”なのだろう、と思ってた。

アニメを含むPSYCHO-PASSという話のパターンを考えれば、彼らが劇中でどうなってしまうのかっていうのは考えるまでもなく。

嘉納監視官も、VV1のラストを思えば、かなりの苦悩と葛藤があるのだろうということが容易に想像がついた。

それだけでもう、今回もなかなかの地獄なのでは?という予感はあった。

そしてさらに、明らかに蘭具君の見た目同じキャストなのに「光宗悟」という名前の別人、違和感しかないキャラクターの存在。

蘭具君、君は一体「誰」なの?と観る前から不安が募る募る。

VV1の九泉監視官が、ありもしない記憶を嘘の植え付けられていたことが頭によぎり、もしかして今回の「光宗」が本当の蘭具君で、VV2のあの蘭具君は、架空の記憶だったのでは?とか、色々考えてはいた。

本編ざっくりネタバレ

話は、嘉納が執行官から監視官にという、異例の昇進を命じられるところから始まる。

本来、監視官は2名体制であるが、三係の前任の監視官は失踪しており、嘉納監視官1人の状態。

執行官は新人の御子柴と坂咲の2名、それからピンチヒッターの周。

フォローとして、斎記監視官が入り、計5人で三係は動くことに。

そんな中、公安局宛にスーツケースに押し込められた死体と「トロリー・プロブレムを見過ごすな」というメッセージが届いた。

死体の発送元を辿っていくと、自然回帰主義者らが暮らすシビュラ社会から隔絶された独立集落 「特別自治区 Neo・Nature・Division通称 NNDが関わっている事が発覚。

現地に視察に向かった嘉納監視官。特区内の治安維持組織の構成員・神宮寺と激しく対立する。

「視察」ではそれ以上のことが出来ないため、強制捜査を進めようと上へ申請。

しかし禾生局長から「シビュラシステムの判断」として、事件の捜査自体別の課に引き継がれてしまうことに。

それでも、嘉納監視官は独断で捜査を続行することを決意。

異例の昇進、”元執行官”という立場、三係とうまくなじめない現状。それらに焦りを感じ、強引な態度をとる嘉納監視官。「そんな強引なやり方では誰も付いてこない」と執行官らに止められるがその言葉は届かない。

捜査中、紆余曲折あり、折り合いの悪かった執行官ともわかりあえた中、次々と仲間たちが倒れてゆく。

そしてついにスーツケースの送り主が神宮寺で、彼が三係の失踪した監視官であるこという事実にたどり着いた。

NND内部では潜在犯相手に人体実験を行われている、と語る神宮寺。

脳を入れ替え、人格を変え、意図的に色相を操作する。それが出来れば、潜在犯というものがいなくなるからだ。

そうした闇に触れているうちに、神宮寺の色相は濁り切ってしまっていた。

「NNDのトップである光宗を始末して、この人体実験を止める、潜在犯をゴミとしか思っていないこの世界を変える。大儀の為なら怪物にだってなる、どんな犠牲も払う。」そう話す神宮寺に嘉納監視官は”人体実験を止める”という共通の目的の為、一時共闘することに。

そうして2人でNNDのトップ、光宗を倒すが、彼は全身義体で、人間ですらなかった。

その姿に驚きつつも、そのまま人体実験現場へ乗り込む嘉納監視官と神宮寺、そして合流した斎監視官。

突然現れた嘉納監視官らに、慌てふためく作業員たち。驚くべきことに「自分たちはシビュラシステムの職業適性によりこの仕事をしていた!」と言うのだ。

そして実際にドミネーターを向けても、確かに色相はクリアなまま。

「何も罪を犯していない潜在犯が犠牲になり、異常者たちを守っている、自分たちは一体何だったのか?シビュラシステムは正しいのか?命に大小があるのか?なら俺が全員殺して教えてやる。」

そう叫ぶ神宮寺の色相は既に300を超えていた。

トロリー・プロブレム、5人を助ける為に他の1人を殺してもよいか?という哲学の問題。

5人の異常者を救うために無実の1人が犠牲になる、ならば自分は迷わず5人を殺す、という神宮寺。対して、秩序と平和を守るために、5人を守らなければならない、という斎監視官。

お前はどちらだという問いに、嘉納監視官は答えることができなかった。

ドミネーターを引けない嘉納監視官に斬りかかる神宮寺。それをかばって斎監視官が倒れる。

何が正しかったのかわからないまま”秩序と平和のため”、潜在犯となった神宮寺に引き金を引いた嘉納監視官。

神宮寺が執行後された姿を見て、人体実験をしていた作業員たちは「潜在犯め」などと口汚く罵る。

嘉納監視官は何かが切れてしまったように、落ちていた神宮寺の刀でその場にいた全員を殺した。

5人か1人か。どうせ選べないならこんな世界壊れてしまえば良いー嘉納監視官は壊れたように1人立ち尽くし笑う。

しかし彼はまだ知らない。これも全てシビュラシステムの予想の範囲内、想定内の出来事であることを。

全ては「人口監視官育成計画」のため。そう話すのは禾生局長と「光宗」の姿をした男。

光宗の姿をしたその男は、禾生局長より「蘭具雪也」として三係執行官を命じられる。

そして、物語はPSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Viceへと続いていくー。

こんなの潜在犯落ちするって・・・

やっぱり、光宗君=蘭具君だった。

というか、人間ですらなかったという衝撃。

「人口監視官育成計画」の為にシビュラシステムが用意した存在、全身義体の。これはむしろシビュラシステムの一部なのか?

えっ、ということは蘭具君も全身義体、だったの?

怒って、泣いて、かっこよく散っていってしまったあの、蘭具君は嘘、だったの?

全ては、人口監視官育成計画の為の、行動?

・・・・・・・・・・蘭具君推しの人息してる???

VV2での嘉納監視官は、どういう気持ちで蘭具君を見ていたんだろう。再会すれば、当然「光宗?」ってなるよね。

あと、蘭具君ってさ、九泉監視官のお気に入りって設定あったよね・・・。つらい。

こんなのつらすぎる、VV1の解釈がまた変わってくるじゃん、こんなのどう受け止めたらいいの?

VV1にいないキャラたちはは予想通り、順番に倒れて行った。

でも「現場復帰は難しい」「重傷」という表現だったりだから、一部生きている可能性はありそう。

神宮寺さんや嘉納監視官が、真実を知って、狂っていってしまうのも辛かった。何が正しくて何が間違っているのか、そういうことを考えている人間らしい人ほど、狂ってしまう世界のように思う。

シビュラシステムさん、えぐすぎるよ。

神宮寺さんは、思ったよりいい人だったな。もっと絶対的悪のようなキャラクターかと思っていた。むしろ光宗さんの方がその傾向あって、あなたが悪のボスか!と思ったもんです。

舞台が始まる前に、もう何度目かわからないアニメの再視聴をした。その中で、とっつぁんが「深淵を除くとき、深淵もまたこちらを覗いている」という事を言うんだけど、今回見ていて、その言葉がふと頭をよぎったのね。

そしたら、神宮寺さんもまんまそのセリフを言うのでやっぱり?と思った。

深淵を見せられて、見事に濁りましたよ色相が・・・・。

例え人を殺していようが、何をしていようが、色相さえクリアなら「正常」と扱われる世界。何の罪を犯していなくて、何もしないまま死んだとしても「異常」として扱われる世界。

色相クリアだけど異常な人間5人を救うのか、潜在犯1人を救うのか。

ここに疑問や迷いを持てば、色相は濁る、そういう世界。つらい・・・。

演出について

舞台装置は前回同様、かなりクオリティが高かった!

そして、開演前から舞台上でお祭りのような演出があった事にびっくり。

1番驚いた演出は、冒頭の「公演一時中止です!」というやつ。

映像もちょうどプツッと切れたので、本当に機材トラブルか、演者さんに何かあったのか!?と焦った。嘉納監視官が出てきた時も、客席を落ち着かせるため?と思ったくらい。演技し始めてようやく、あぁそういう演出ね、と理解。

今回は客席に降りたりすることができないから、客席と絡むために入れた演出なのかな?とにかくびっくりした。

あと雑賀先生!アニメのそのまんま!声はもちろんご本人だから当然なんだけど、見た目も予想以上に寄せられていてめちゃくちゃ感動した。

配信版カメラワークも、シーンごとに寄りがあったりして、ストレスなく観れました。

個人的評価としては

結末は相変わらず地獄だったけど、面白かったです。

嘉納監視官の過去の話、ということで、地獄は想定済みだし。

VV1がかなり評判が良いので、どうかなーと思っていたけど、納得の完成度だったと思います。

VV1とVV2の間には、少し時間が空いているような気がするので(嘉納監視官が人口監視官育成計画を知るまで、とか)続編を見たいような、見たくないような。それはそれで地獄確定だからな・・・。

VV1が終わった後は、幸せな世界線の三係が見たい、皆で海行ったりする話が見たい、とか思ってたけど、今回の「人口監視官育成計画」の設定で、もうそれも叶わないな・・・・。そんな話があったとしても、蘭具君を今までと同じようには見れないもの・・・。

がっつり私の色相を濁らせてくれたVV2。アーカイブはしばらく配信あるので、VV1と合わせてもう1度ゆっくり観たいなと思います。

趣味
スポンサーリンク
ゆまろぐをフォローする
ゆまろぐ
タイトルとURLをコピーしました