犬夜叉の続編「半妖の夜叉姫」と「新機動戦記ガンダムW」の意外な共通点

趣味

高橋留美子先生著の「犬夜叉」の続編アニメ、「半妖の夜叉姫」が2020年10月から放送開始しました。

前作の主人公らの娘たちが主人公の今作。

実はこちらが、1995年に放映された新機動戦記ガンダムWと共通点が多いと話題になっています。

スポンサーリンク

夜叉姫とガンダムWの共通点とは?

主人公の通っている学校名が同じ

聖ガブリエル学園

夜叉姫の主人公、殺生丸の双子の娘の1人”日暮とわ(14歳)”が現代にタイムスリップし通っている学校です。

これは新機動戦記ガンダムWで主人公のヒイロとリリーナが通っていた学校名でもあります

学校の制服も同じ

学校名だけではなく、制服も同じだと話題に。
まず、こちらがガンダムWでの男女の制服。

次に、夜叉姫HP上で公開された、日暮とわのイラスト。

引用 半妖の夜叉姫公式サイト

中のベストを着用していないものの、デザインが同じです。

ちなみに、ガンダムWでは共学ですが、夜叉姫では女子高設定になっています。
しかし、とわは「戦いやすいため」という理由で男子制服を着ているという設定のよう。

編入する、という設定が同じ

ガンダムWの主人公、ヒイロは第1話でヒロインのリリーナのいる聖ガブリエル学園に編入してきます。

夜叉姫のとわは、タイムスリップし前作ヒロインのかごめの家に拾われてたものの、不良に絡まれてはケンカ騒動を繰り返し、学校も転々としていました。そして、現在は聖ガブリエル学園に編入、というキャラ設定になっています。

なぜ共通点があるのか?

まず、どちらもサンライズ製作
更に、シリーズ構成は両作とも隅沢克之さんが担当されています。

これらの事から「遊び心」「単純に設定の使いまわし」という声があがっています。

また、戦国時代に残ったままの殺生丸の双子の娘のもう1人、せつな。
「犬夜叉」でも出てきた琥珀がお頭を務める、妖怪退治屋に参加しています。

琥珀の声優は矢島晶子さんで、ガンダムWヒロインのリリーナと同じです。

まとめ

夜叉姫とガンダムWに設定の共通点がいくつかある
学校名・制服が同じ、など
製作やシリーズ構成担当が両作とも同じ

ガンダムWでは、第1話でヒイロがリリーナに対し「お前を殺す」という台詞があり衝撃的でした。
夜叉姫でも、それらのセリフネタなどもあったりするのか、気になるところです。

「半妖の夜叉姫」は読売テレビ・日本テレビ系夕方5時30分から放送中!

引用元

新機動戦記ガンダムW公式サイト

半妖の夜叉姫公式サイト

半妖の夜叉姫公式Twitter(@hanyo_yashahime)

タイトルとURLをコピーしました