ガンダムゲームグランプリ【GGGP2021】開催決定<賞金内訳・ルール予想>

ゲーム

C3AFA TOKYO 2020 ON-LINEにて、賞金付きガンダムゲーム大会【GGGP2021】の開催が発表されました。

この記事では、今現在わかっているGGGP2021の概要のまとめ、そしてルール・賞金内訳などを予想して書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

GGGPとは

GUNDAM GAME GRAND PRIX(ガンダムゲームグランプリ)」の通称がGGGP

ガンダムゲーム国内初の賞金付きゲーム大会として2018年8月に第1回が開催。

そして2019年8月に第2回が開催され、今回発表された『GGGP2021』で3度目となります。

種目

GGGP2021

PS4「機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON

今年は初のオンライン予選開催とのことで、最近家庭版として発売されたPS4版マキオンが対象に。

過去2回は2種目ずつでしたが、今年は1種目だけのようです。

過去の種目

GGGP2018
 スマホアプリゲーム
 『機動戦士ガンダム 即応戦線

アーケード
 『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON

GGGP2019
 PS4
機動戦士ガンダム バトルオペレーション2

 ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム
機動戦士ガンダム 戦場の絆』 

賞金について

GGGP2021の賞金総額は300万円だと発表されています。

過去のGGGP賞金総額

GGGP2018 100万円
GGGP2019 300万円

ただし「総額」なので、ここからさらに1人1人に振り分けられていきます。

過去2回の内訳を見てみましょう。

GGGP2018賞金内訳

機動戦士ガンダム 即応戦線
優勝:10万円

機動戦士ガンダム エクストリームバーサスマキシブースト ON
優勝チーム:50万円(1名25万円)
準優勝チーム:20万円(1名10万円)
3位チーム(2チーム):各10万円(1名5万円)

引用 SocialGameInfo

GGGP2019賞金内訳

賞金総額300万円機動戦士ガンダム バトルオペレーション2
1位90万円(15万円×6人)
2位42万円(7万円×6人)
3位・4位 24万円(4万円×6人ずつ)

機動戦士ガンダム 戦場の絆
1位80万円(20万円×4人)
2位40万円(10万円×4人)

引用 C3AFA TOKYO 2019公式サイト

今回は、GGGP2018のアーケード版マキオンと近い割り振りになると予想。

ただ、賞金総額が100万円から300万円と、通常の3倍になっています。

単純に2018の割り振りから3倍、と思ったのですが、それだと30万円余ってしまうので、キリ良くするならこんな感じかな?という予想を載せてみます。

賞金内訳予想

優勝チーム 200万円(1名100万円)
準優勝チーム 60万円(1名30万円)
3位チーム(2チーム) 各20万円(1名10万円)

オンライン予選ありで前回より規模も大きいので、4位(4チーム)ベスト8まで賞金が出る可能性も考えられますね。

GGGP2018のアーケード版マキオンの時より、1人あたりの賞金額が増えていることは間違いなさそうです。

参加方法

年内にエントリー受付、とだけ発表がされています。

2021年1月から3月にかけて予選・本選が実施。

GGGP2018マキオンの場合

事前の抽選によって選ばれた64チーム(128名)

※応募は1,261名

前回は予選なし、抽選で64チームに絞った形での開催でした。

今回のGGGP2021も、本選では64チームになるかと思います。

ただ初の試みとなるオンライン予選が、希望者全員参加できるのかは怪しいところ。

エントリーは間もなく開始されるはずなので、続報を待ちましょう!

ルールについて

現在発表されていること
  • 1チーム2名1組 チーム固定でのご参加となります。
  • 本大会の参加には『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』のオンライン対戦機能を用いて実施されます。
  • PlayStation®4本体一式および『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』のソフトを所持しPlayStationNetwork(PlayStation Plus)への加入が必要となります。
  • 本大会の参加にはPlayStation®4本体の有線LAN接続が必要となります。

引用 GGGP公式サイト

参加条件など一部発表はありましたが、ゲームのルールについてはまだ触れられておりません。

GGGP2018のマキオンルールを確認してみます。

GGGP2018ルール

制限時間
1回戦~ベスト8 270秒
ベスト4~決勝  無制限
対戦ステージ
ランダム
使用機体
受付時に登録した機体、途中変更不可。
EXバースト
各試合毎に自由に選択。

勝利条件
1回戦~準決勝 1試合先取
決勝戦 2試合先取
時間切れの場合、対戦スコア4位がいるチームが敗退。

参考までに、Premium Dogfight2019ルールも見てみましょう。

Premium Dogfight2019ルール

制限時間
1回戦・準決勝 270秒
決勝  無制限
対戦ステージ
ランダム
使用機体
受付時に登録した機体、途中変更不可。
EXバースト
各試合毎に自由に選択。

勝利条件
1回戦~準決勝 2試合先取
決勝戦 3試合先取
時間切れの場合、対戦スコア4位がいるチームが敗退。

多少の違いはあれど、だいたい同じであることがわかります。

これらのことから、GGGP2020のルールはこのように予想。

ルール予想

制限時間
1回戦~ベスト8 270秒
ベスト4~決勝  無制限
対戦ステージ
ランダム
使用機体
受付時に登録した機体、途中変更不可。
EXバースト
各試合毎に自由に選択。

勝利条件については、時間切れ時の敗退については変わりなさそう。

まとめ

詳細がまだ発表されていない本大会。

参加人数や予選日程などもまだわかりません。

GGGP2021は、賞金総額の高さや初のオンライン予選とのことで、これまで「予選会場に行けそうにないので参加しなかった」という人にもチャンスがあります。

今の情勢だと、本選もオンライン開催になりそうなので人によってはそれも有難いかもしれませんね。

どちらにせよ、盛り上がることは間違いなしです。

参加予定の人は公式情報を要チェックです!

ゲーム
スポンサーリンク
ゆまろをフォローする
ゆまぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました